PICK UPピックアップ footies!' eye team

We’re Rookies!~1年生たちの挑戦~
行田啓斗(宮崎日大高校)

無断転載禁止 We’re Rookies!~1年生たちの挑戦~<br>行田啓斗(宮崎日大高校)

今年もU-16世代が全国規模で戦える場を提供することをテーマに「ニューバランスチャンピオンシップ(NBCS)2017」が開催された。前回優勝高の青森山田をはじめ、都道府県を代表する強豪校が静岡・時之栖に集結!
選手権という大舞台への出場を胸に抱き、若き戦士たちが激しい戦いを繰り広げた。当コーナーでは、大会で光ったルーキーズをピックアップ。ショートインタビューで彼らの熱い想いを聞いた。

行田啓斗
行田啓斗 宮崎日大高校 1年/MF 出身クラブ:レオサッカークラブ プレーの特徴:スピードとシュート力

全国大会に出場できる高校を選んだ

―宮崎日大高校を選んだ理由を教えてください。

「大阪出身で、中学はレオサッカークラブに所属していました。全国大会が狙える高校を探していて、先輩の薦めもあって宮崎日大に決めました。レベルの高い選手が集まっていることは分かっていましたが、厳しい環境の中を生き残って、全国高校サッカー選手権に出たいと思っています」

―中学サッカーと違って、高校に入って差を感じたことは?

「プレスのスピードが全然違って、球際の部分で差を感じることがありました。フィジカルの差はもちろん感じましたが、少しずつ適応できていることと、今年の夏合宿ではとにかく走ったので、いろんな自信につながっています」

―チームでも小麦色の肌がひと際目立っていました(笑)。自分のストロングポイントは何だと思いますか?

「シュート力には自信があります。あとはスピードを活かした裏への抜け出しです。自分はストライカーなので、常にゴールを狙ってプレーしています。前を向いたら、いつでも勝負できるFWでありたいと思っています」

メンタルを強くしないと高いレベルでは通用しない

―NBCSに参加していかがでしたか?

「大会を通して2得点でしたが、強豪校との連戦で徐々に慣れてきて、3日目の星稜高戦では4-1で勝利して自らも点を挙げられたので良かったです。まだ1年生ですが、この大会を機にトップチームに食い込んでいけるように、貪欲に頑張りたいと思います」

―サッカー以外で努力していることはありますか?

「サッカーはもちろんですが、そこだけに偏らずに勉強もしっかり頑張るようにしています。また、高校に入ってからは先生にも言われているように、周囲を意識して行動するように心掛けています。挨拶や思いやりを持てる人間になれるように努力していきたいと思います」

―今後どのように成長していきたいですか?

「メンタルの部分も強くしていかないと、高校の高いレベルでは通用しないと思っています。早くトップチームに上がれるように、自分の持ち味をどんどん監督にアピールしていきたいです。NBCSでの経験を無駄にしないよう頑張ります!」

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る