PICK UPピックアップ インタビュー

[第96回高校サッカー選手権]
出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」
重廣卓也(阪南大/広島皆実高卒)

無断転載禁止 [第96回高校サッカー選手権]<br>出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」<br>重廣卓也(阪南大/広島皆実高卒)

「第96回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(土)に開幕! 今大会出場校のOBで、現在、大学サッカーの最前線で活躍する選手たちに、それぞれの「選手権」について語ってもらい、後輩達への激励メッセージを紹介する。

重廣卓也
Photo:JUFA-REIKO IIJIMA
重廣卓也 阪南大4年/関西1部リーグ (広島皆実高卒・京都サンガF.C.内定)

選手権はとにかくすべてが楽しかった

僕が高校サッカー選手権に出場して印象に残っていることは、1回戦も2回戦も、いつも以上にサッカーを楽しめたこと。とにかく全てが楽しかったですね。自分にとって選手権はさまざまなな困難、努力を経て成長した自分自身と、共に歩んできたチームの集大成をピッチの上で全力で表現する大会と思っています。

「仲間と最後まで諦めず戦い続ける精神」

その選手権で得た「仲間と最後まで諦めず戦い続ける精神」は確実に大学でも活きています。今大会に出場する後輩たちには、自分自身が持っている最大の武器を仲間のために発揮して、全力でチームに貢献して悔いの残らないように、自分の目標、チームの目標を達成してもらいたいです。

全力で選手権を楽しんでください

今大会、注目しているチームは、もちろん広島皆実高校です。母校でもある皆実高校は常に応援しています。今大会出場する選手は、高校のサッカー部員としての誇りを胸に抱いて、仲間のためにそれぞれの立場で責任を果たし全力で選手権を楽しんでください。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る