PICK UPピックアップ インタビュー

[第96回高校サッカー選手権]
出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」
中村健人(明治大/東福岡高卒)

無断転載禁止 [第96回高校サッカー選手権]<br>出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」<br>中村健人(明治大/東福岡高卒)

「第96回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(土)に開幕! 今大会出場校のOBで、現在、大学サッカーの最前線で活躍する選手たちに、それぞれの「選手権」について語ってもらい、後輩達への激励メッセージを紹介する。

中村健人
Photo:JUFA-REIKO IIJIMA
中村健人 明治大2年/関東1部リーグ (東福岡高卒)

僕らは先輩から多くを学び選手権を優勝できた

東福岡高校では、僕たちの1つ上、2つ上の代はスター選手がいて本当に強くて憧れている人も多かったと思います。そんな先輩たちが負けた瞬間というのは、今でも鮮明に覚えています。しかし、その先輩たちの姿から、僕らは多くを学ぶことができました。その姿がなければ僕たちの代の選手権優勝はなかったと思っています。特に木戸皓貴選手(明治大/東福岡高出身)は高校時代から本当にうまかったです。大学に入り一緒にプレーすることで、よりすごさを実感しました。

注目は福田湧矢。どれだけ成長しているか注目したい

今回、選手権に出場する東福岡に関して、彼らを一試合フルで見ることができていません。最近は期待されながらも優勝から少し遠ざかっていますし、僕たちの代とかぶっている最後の代なのでぜひ優勝してほしいです。後輩たちの雄姿を見るために一回戦は応援に行こうと思っています。今大会の注目チームはもちろん東福岡高校。選手としては福田湧矢(MF/東福岡)に期待しています。僕たちの代からメンバーに入っていて、二冠にも貢献しています。今のチームで唯一、二冠を経験したのが福田なので、その福田がキャプテンとなりチームにどんな影響を与えられるのか――、個人としてどのくらい成長しているのか注目したいと思います。

この舞台で仲間とサッカーできることを楽しんでほしい

高校でサッカー人生に終止符を打つ選手、大学でサッカーを続ける選手、プロに行く選手など進む道はさまざまですが、こんなに多くの人に囲まれて応援されるという経験は、人生でもそんなに多くないと思います。また、何年間も本気でぶつかり頑張ってきた仲間と一試合一試合戦えることは本当に楽しいので、とにかくこの大舞台で今の仲間とサッカーできることを楽しんでほしいと思っています。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る