PICK UPピックアップ インタビュー

[第96回高校サッカー選手権]
出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」
三国スティビアエブス(順天堂大/青森山田高卒)

無断転載禁止 [第96回高校サッカー選手権]<br>出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」<br>三国スティビアエブス(順天堂大/青森山田高卒)

「第96回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(土)に開幕! 今大会出場校のOBで、現在、大学サッカーの最前線で活躍する選手たちに、それぞれの「選手権」について語ってもらい、後輩達への激励メッセージを紹介する。

三国スティビアエブス
Photo:JUFA-REIKO IIJIMA
三国スティビアエブス 順天堂大1年/関東1部リーグ (青森山田高卒)

選手権を経験し、大学でも緊張しなくなった

選手権という大会は、今までに味わったことのない雰囲気と緊張感があります。必ず出たかった大会だし、実際にあの緊張感を味わったことは大きかったです。あれを経験しているので、大学に入って緊張で体が動かないということがなくなりました。大学でプレーしてみてすごいと思ったのは、旗手玲央、名古新太郎、米田隼也の静岡学園高校勢ですね。

プレミアレーグEAST得点王の郷家友太に注目

今年の青森山田はプレミアリーグであと一歩でしたが、選手権では二連覇してほしいです。注目プレーヤーは郷家友太(MF/青森山田)。今年のプレミアリーグEASTで得点王を取り、昨年全国二冠を果たしたメンバーの一人で、すごく活躍しているから。選手権は県を代表して出ている大会なので、県予選で負けてしまったチームたちの想いを胸に戦ってほしいです。一秒たりとも気を緩めることなく、最後に笑って終れるように全力で頑張ってください!

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る