PICK UPピックアップ インタビュー

[第96回高校サッカー選手権]
出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」
鈴木大誠(筑波大/星稜高卒)

無断転載禁止 [第96回高校サッカー選手権]<br>出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」<br>鈴木大誠(筑波大/星稜高卒)

「第96回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(土)に開幕! 今大会出場校のOBで、現在、大学サッカーの最前線で活躍する選手たちに、それぞれの「選手権」について語ってもらい、後輩達への激励メッセージを紹介する。

重廣卓也
Photo:JUFA-REIKO IIJIMA
鈴木大誠 筑波大3年/関東1部リーグ (星稜高卒)

選手権は自分たちの必死で頑張っている姿を披露する大会

選手権で印象に残っていることは、毎晩のように選手ミーティングを開いていたことです。大会直前に監督が離脱したこともあって、チーム作りを選手中心で行うことが習慣になっていたし、「人ってひとつの出来事や言葉でこんなにも心境が変化するんだ」ということを感じることができました。僕にとって選手権は、日ごろの成果の発表会。多くの人が注目してくれるし、多くの人が応援してくれている中で、自分たちの必死で頑張っている姿を披露する大会でした。

選手権から勝利のイメージをつかむことができている

選手権から学んだことは勝負強さ、勝つためのチーム作り。大学でもこうやったら勝てるというイメージをつかむことはできていると思います。大学でプレーして「すごい」と思った選手は上田綺世選手(法政大/鹿島学園高校出身)。まったく物怖じしないメンタルの強さがあると感じました。

せっかくの大舞台、緊張してたらもったいない

注目校は星稜高校1択。もちろんOBだから(笑)。今大会に出場する星稜は、キャプテンの敷田唯(DF)がとにかく優秀。自分たちの代とは違った、その学年の色があるサッカーが見たいですね。せっかくの大舞台、緊張してたらもったいない。試合前日の準備で結果は決まると思って、最善の準備をして臨んでください。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る