PICK UPピックアップ インタビュー

[第96回高校サッカー選手権]
出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」
ジャーメイン良(流通経済大/流通経済大柏高卒)

無断転載禁止 [第96回高校サッカー選手権]<br>出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」<br>ジャーメイン良(流通経済大/流通経済大柏高卒)

「第96回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(土)に開幕! 今大会出場校のOBで、現在、大学サッカーの最前線で活躍する選手たちに、それぞれの「選手権」について語ってもらい、後輩達への激励メッセージを紹介する。

ジャーメイン良
Photo:JUFA-REIKO IIJIMA
ジャーメイン良 流通経済大4年/関東1部リーグ (流通経済大柏高卒・ベガルタ仙台内定)

プレミアリーグCSはすごい緊張感だった

2013年のプレミアリーグチャンピオンシップの決勝戦、ヴィッセル神戸U-18との試合が高校で一番印象に残っています。観衆も1万5000人近く入っていて、日本一を懸けた戦いができました。ものすごい緊張感だったし、そこで勝てたことはすごく意味のあることでした。直前に選手権の千葉県予選決勝で市船に負けて、完全に気持ちが切れていて、僕もその一人だったと思います。そんな中、主将の石田和希がチームを奮い立たせてくれて、まとめ上げてくれました。彼には感謝しています。

選手権は県予選でも独特な雰囲気があった

選手権は3年間、全国に出場することは適いませんでしたが、やっぱり特別な大会だったと思います。県予選では普段の練習試合では実力の差が出る相手でも絶対に接戦になるし、独特な雰囲気がありました。子どもの頃からテレビで見ていた舞台だったので、もちろん憧れていました。結果、選手権に出られなかった悔しさは、大学で頑張れた要因であることは間違いありません。今年のインカレ制覇にもつながっていると思います。

市船を倒して出場する以上、標的になるのは宿命

今年選手権に出場する後輩では、熊澤和樹(MF)に期待しています。同じFC厚木出身で、チームの中心としてやっているので注目しています。高校のチームとは練習試合をしますが、今回のチームは可能性のある選手達が揃っていて楽しみですね。市船を倒して出場するからには、優勝を期待されるのは当たり前。全国の標的になると思いますが、そこは流経の宿命だと思うし、それを跳ね返すだけの力を持っていると思います。インターハイ王者として、夏冬連覇を目指し、一戦一戦頑張ってください。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る