PICK UPピックアップ インタビュー

[第96回高校サッカー選手権]
出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」
鳴海彰人(仙台大学/青森山田高卒)

無断転載禁止 [第96回高校サッカー選手権]<br>出場校OBの大学生プレーヤーが語るそれぞれの「選手権」<br>鳴海彰人(仙台大学/青森山田高卒)

「第96回全国高等学校サッカー選手権大会」が12月30日(土)に開幕! 今大会出場校のOBで、現在、大学サッカーの最前線で活躍する選手たちに、それぞれの「選手権」について語ってもらい、後輩達への激励メッセージを紹介する。

鳴海彰人
Photo:JUFA-REIKO IIJIMA
鳴海彰人 東北地区大学1部リーグ (青森山田高卒)

選手権は誰もが優勝したいと思う大会

高校選手権は、決勝戦ではプロの試合以上に観客が入るほど特別なもので、高校生なら誰もが優勝したいと思う大会。仙台大学では選手権を制覇した僕とMF嵯峨理久とで、大学で全国優勝するためにどのようなチームでなければならないか、を日々考えています。

後輩たちは青森山田サッカー部としてもう一度頂点に

後輩たちが今大会に出場しますが、やっぱり全国に出るのなら再び頂点を目指してほしい。チームは“生き物”と思っているので、選手個々が与えられた立ち位置で頑張ってほしいです。メンバーだけが頑張るのではなく、青森山田高校サッカー部としてみんなで優勝をもう一度…。

勝負の女神は細部に宿る

今大会に出場する選手たちは、感謝の気持ちを忘れずに。なぜ今サッカーができているのかを逆算して考えてみてほしい。家族、スタッフ、チームメイト、素晴らしい環境があるからサッカーができているわけです。そういった人たちに感謝の気持ちを忘れずにいてほしい。悔いを残さずプレーしてほしいです。最後に笑って引退できるチームは1チームだけです。素晴らしい光景が待っています。諦めずに頑張ってください。勝利の女神は細部に宿る。

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る