PICK UPピックアップ インタビュー

[第96回高校サッカー選手権]大会注目選手に聞く!
みんなに贈る感謝の言葉Part.1

無断転載禁止 [第96回高校サッカー選手権]大会注目選手に聞く!</br>みんなに贈る感謝の言葉Part.1

いよいよ開幕した第96回全国高校サッカー選手権大会。48校が一堂に会し、年をまたいで1月8日の決勝戦まで熱い戦いが繰り広げられる。高校サッカー集大成の場に出場する選手達は、過酷な道のりを経てこの場所に辿りついた。そんな彼らが第一に「感謝」を伝えたい人と、その想いとは? 大会注目選手をキャッチした。

渡邊泰基 前橋育英/DF/3年

渡邊泰基
前橋育英/DF/3年

両親は新潟からいつも応援に駆けつけてくれた

「最後の大会ですから思いっきりやりきりたいですね。去年は準優勝で、決勝戦では大量得点を取られて悔しい思いをしました。僕を含めてメンバーの半分は当時2年生で、あの悔しい思いを共通し、今チームの気持ちは一つになっています。またあの埼スタのピッチに戻って、1年ぶりに忘れものを取り返しに行きたいと思います。今年はインターハイも準決勝で敗れて、ジュビロ磐田U―18とのプレミアリーグ参入戦もあと一歩で勝ちきれなかった。集大成となるこの大会でこそ、結果を残したいと思います。
 3年間を振り返り、一番感謝の言葉を伝えたいのは両親ですね。僕の実家は新潟なんですが、試合の応援にも遠方から毎回来てくれています。時間も費用もかかることだと思いますが、ずっと僕をサポートしてくれました。アルビレックス新潟の内定が決まった時も両親はすごく喜んでくれて…。両親には『いつも試合を応援してくれてありがとう。その応援が僕のやる気の源となって、力になっています。これからも宜しくお願いします』そう伝えたいです」

高橋大悟 神村学園/MF/3年

高橋大悟
神村学園/MF/3年

みんながいたから強くなれた

「すごくワクワクしています。今まで悔しい思いをしてきたので、初めての選手権に興奮しています。一昨年、去年は試合に出せてもらいながらも、チームをこの舞台に立たせることができなかったので、ずっと選手権に出ることを活力にやってきました。その思いを忘れずに、悔しさを引きずったからこそ、よかったのだと思います。何事に関しても本気になって、この1年間を後悔しないようにやってきました。普段の練習も私生活も全てサッカーに捧げてきました。この3年、キツイ時も楽しい時も、ずっと同じ仲間でやってきたので、彼らとは家族みたいなものだと思っています。本当にこの仲間と出逢えてよかったし、これからの人生でも、ずっとこの関係はつながっていくと思う。みんながいたから強くなれたし、選手権に出場する夢を叶えることができました。『ありがとう』という言葉しかないです。優勝を狙うことはもちろん、高橋大悟という名前を大会に刻めたらと思っています」

関川郁万 流通経済大柏/DF/2年

関川郁万
流通経済大柏/DF/2年

両親は毎日連絡をくれて、試合にも来てくれる

「楽しみでしょうがいないです。自分の実力を披露する最高の場だと思っています。チームの勝利を優先するのはもちろんですが、そこに自分の色を出していけたらなと思います。インターハイ優勝から、課題は毎日のように出て来て、それを解決する努力をずっとしてきました。個人としてはNIKE ACADEMY TIEMPO MASTERCLASSにも参加させていただきましたし、チームとしてはキャプテンの宮本優太君(3年/MF)や菊池泰智(3年/MF)君が、インターハイを取ったらからこそ、選手権も優勝しなくてはいけない、とずっとチームに言ってここまで来ました。夏、冬の連覇を狙えるのは僕らだけですから、他のチームとは違った目標が僕らにはあります。先日、流通経済大学がインカレで優勝しました。大学と流経大柏は兄弟のようなもので、本田(裕一郎)監督、大学の中野(雄二)監督が「兄弟で全国制覇」とずっとおっしゃっていましたが、その目標を達成するチャンスがついにやって来ました。流経として完全制覇を成し遂げることも今大会の目標です。
 個人的に、選手権は小さい時からずっと夢見て来た舞台です。僕は普段から緊張しないタイプなのですが、入場行進では独特の緊張感が伝わってきて…。もう雰囲気が他の大会とは全然違うし、ワクワクしています。この大舞台を前に、これまでのことに感謝したいのは両親です。サッカーと家族のどちらが大事かといえば、僕は家族が大事だし、親には本当に感謝しています。高校から寮生活になって親のありがたみをすぐに実感しました…(苦笑)。美味しいご飯がいつも用意されていることって、当たり前のことじゃないんだなって。皿洗い、洗濯、身の回りのことを面倒見てくれて、本当に大変だったと思うし、感謝しています。両親は毎日、連絡してくれて、週末も毎試合応援しにくれてくれるんです。声を聞くと心から安心しますね。ありきたりな言葉かもしれないですが、かけがえのない存在です。本当にいつもありがとう」

佐相壱明 昌平/FW/3年

佐相壱明
昌平/FW/3年

僕のわがままを聞いてくれたことに感謝したい

「この舞台に立って、やっと実感が湧いて来ました。サッカーを始めた頃からずっと目標にして来た舞台なので、やっぱりここで結果を残したい、という気持ちがより強くなりました。埼玉県では4冠を達成することができましたが、インターハイは初戦敗退、プリンスリーグの参入戦でも矢板中央に敗れ、全国を相手に勝ち切れていません。その借りを返すつもりで、この場に僕らは来ています。高校での3年間、1年、2年では出場機会に恵まれず、出たとしても『点が取れないFW』と言われ続けて、辛い思いをしました。その悔しさがあってこの1年をがむしゃらに頑張れたと思うし、自分が活きるプレースタイルというのを見つけることができたと思います。
 選手権は誰もが憧れる舞台で、僕もその想いでこの場にたどり着くことができましたが、結果を残さなくてはいけない。3年間の感謝の言葉を最初に伝えたいのは両親です。僕の意思を尊重してくれて、高校進学にも理解してくれたから今の僕があります。親元を離れて寮生活をさせてもらって、遠征費などもかかるのにずっとサポートをしてくれました。親に感謝なんて言葉で伝えたことがないので何を言っていいのか分かりませんが…(笑)。僕のわがままを聞いてくれてありがとう。これからもよろしくお願いします」

[第96回高校サッカー選手権]大会注目選手に聞く!みんなに贈る感謝の言葉Part.2はコチラ

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る