PICK UPピックアップ footies!' eye team

[近畿総体2015決勝]東福岡が2年連続3度目の優勝。絶望的失点に崩れなかった強さが栄冠を呼ぶ

無断転載禁止 [近畿総体2015決勝]東福岡が2年連続3度目の優勝。絶望的失点に崩れなかった強さが栄冠を呼ぶ
文・写真/川端暁彦

市立船橋をPK戦の末に下した東福岡が連覇達成

2015年8月9日15:00 ノエビアスタジアム神戸

東福岡
(福岡)
[得点者]三宅海斗
1-1
(6-5)
市立船橋
(千葉②)
[得点者]工藤友暉

ノエビアスタジアム神戸の開閉式屋根が閉じられて、独特の空気感になった高校総体決勝戦。東福岡と市立船橋という伝統校同士が全国大会のファイナルで対峙するのは少々意外ながら、実は初めてのことである。

「市船はJっぽいところがある」と評したのは東福岡MF中村健人。Jリーグのユースチームのように、組織的な攻守からポゼッションを図るスタイルに対して、東福岡は「プレミアリーグでJと当たるときの戦い方」(中村)を採用。前からボールを狩りに行って一気呵成に勝負を付けるここまでのやり方を封印し、相手のポゼッションをある程度許容しながらしっかりとブロックを作る戦い方を徹底した。

そのやり方は奏功したと言える。ただ、「だから東福岡が勝ったのだ」という見方は乱暴だろう。市立船橋・朝岡隆蔵監督も「ほぼ狙いどおりの試合」と語ったように、戦術的に破綻したわけではない。3人のMFで構成する東福岡の中盤中央を消してサイドチェンジを阻むやり方は、確かに機能していた。組織として互いに相手を消し合う流れの中で状況を打破する道は、二つしかない。個人(あるいはグループ)のビッグプレーと、セットプレーである。

個人のビッグプレーが生まれたのは前半20分のことだった。東福岡の右FW三宅海斗がインターセプトから単騎突進。戦術の枠組みを超えた個人での打開に対し、最後は鉄壁を誇るCB杉岡大暉が破られ、三宅の見事というほかない左足シュートが市立船橋ゴールへと突き刺さった。

試合はそのまま1-0で推移。市船はU-18日本代表候補のFW永藤歩が負傷欠場しており、試合全体を通じて個の打開力を欠いたのは否めない。「これまで永藤の存在で誤魔化していたものが出た」と朝岡監督が唇を噛んだように、圧倒的なスピードを誇る永藤を走らせる選択肢を奪われる中で、あと一歩の崩しが生まれなかった。

後半に入っても、三宅やFW橋本和征のシュートがポストを叩くなど東福岡が決定機の数でも上回る流れ。ただ、月並みな言葉ではあるが、こうして決め切れないでいると何かが起こるのが「サッカー」である。70分を過ぎて、ホイッスルを待つばかりとなった時間に、魔物は待っていた。

ゴールから遠い位置でのFK。キッカーは名手・工藤友暉ながら、さすがに遠いかと思われたこのチャンスに工藤は迷わず直接ゴールを狙う。意図した弾道ではなかったかもしれないが、ほぼ無回転で「ブレた」(GK脇野敦至)というシュートは土壇場で試合を振り出しに戻した。

これで流れも市立船橋かと思われたが、ここで折れない強さが王者にはあった。「『キツイ練習を乗り越えてきたんだぞ』とみんなで声を掛け合った」(MF鍬先祐弥)という東福岡は延長途中から投入の1年生FW福田湧矢が活力と個性をもたらしたこともあって試合のペースを握ったまま崩れなかった。迎えたPK戦を制した“赤い彗星”は、2年連続3度目の頂点に立った。

私撰MOMGK 脇野敦至(東福岡/3年)

絶望的な失点の直後を含めて強い気持ちを見せて味方を鼓舞。61分の大ピンチを勇敢に防ぐなど本来の仕事もこなした東福岡の守護神。猛省した失点も、またこの男を強くするはず。

フォトギャラリー

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る