TRAININGトレーニング テクニック

欧州式U-18スキルアップメソッド
タッチとパスの能力を高めるトレーニング

無断転載禁止 欧州式U-18スキルアップメソッド<br>タッチとパスの能力を高めるトレーニング
取材・構成・写真/池田敏明
FCバルセロナのアカデミーやアフリカ諸国での指導経験が豊富なイバン氏が、スキルアップに効果的なトレーニングをレクチャー!

プレーヤー自ら考え、気付けるようになるのが理想

私が何よりもプレーヤーに求めるものは、ボールを受ける技術と、ボールをパスする技術です。私が今までに指導してきたチームは、常にボールにかかわるスタイルでプレーしてきました。もちろんオフ・ザ・ボールでサポートの動きをしたり、スペースを見つけたりといったことも大切ですが、技術面に関してはボールコントロールとパスが最も重要だと考えています。
選手を育成する上で大切なのは、選手たちがトレーニングの意味をしっかり理解できているかどうか、という部分です。なぜ、この練習をしなければならないのか。この練習で何が鍛えられるのか。欲を言えば、それを指導者が教えるのではなく、選手たち自身が気づいてくれるのが理想です。教えられたことよりも、自分で考え、気づいたことのほうが身に着きやすく、思い出しやすいものです。これができれば試合中のプレーの選択肢も増え、よりレベルの高いプレーができるようになるでしょう。

Lesson1パスのドリルトレーニング

パスのドリルトレーニング パスのドリルトレーニング
パスのドリルトレーニング パスのドリルトレーニング

あるチームを率いることになったと仮定して、初日の最初はパスのドリルのトレーニングをやります。これをやることにより、選手がどれだけの能力を備え、どこに課題があるのかが分かります。まず、20m×25 ~ 30mのグリッドを用意し、各辺の外側に2人ずつ計8人、グリッド内の対面に8人を入れ、内側の8人がボールを1個ずつ持ちます。

パスのドリルトレーニング
パスのドリルトレーニング

対面の選手とワンツーのパスをし、ボールを受けたら違う選手のところにドリブルで移動してその選手とワンツー、という動きを繰り返します。他の選手とぶつからないよう、顔を上げて周囲を見回しながらドリブルしてください。1 ~ 2分で中と外の選手を入れ替えます。

ONE POINT ADVICE

最初はフリータッチで行い、レベルに応じて徐々に制限を設けていってください。発展版として、パスを出したらフリーランで動き、他の選手がパスしたボールをもらいに行く、というバージョンもトライしてみてください。また、パスをする時は相手の名前を呼ぶようにしてください。声を出すことで相手と目を合わせることができます。もう一つ、両足を使ってプレーしてください。

Lesson24対1のロンド

4対1のロンド
4対1のロンド

パスのドリルをやった後は、4対1のロンドを行います。6~8m四方のグリッドを引き、各辺の上に1人ずつ、中央に1人が入って行います。攻撃側の選手が動けるのは自分が立っている辺の上だけです。両足を使ってツータッチ、慣れてきたらダイレクトでボールを回してください。

ONE POINT ADVICE

ロンドには大切な要素がたくさん含まれています。ボールウォッチャーにならず、相手や味方の位置関係を把握しながら動くこと、トラップの時にスペースがあるほうに体を向けることなどを意識してください。単なるウォーミングアップではなく、実際の試合と同じ動きが必要だということを心掛けてください。

Lesson3ポゼッションゲームとポジションゲーム

ポゼッションゲームとポジションゲーム
ポゼッションゲームとポジションゲーム

20m×25 ~ 30mのフィールドを作り、まずはその中で5対5のポゼッションゲームを行います。外側に2人、フリーマンを付けるので、実際は7対5の形になります。最初はフリータッチで行い、ボールが繋がるようになったらツータッチで行ってください。

ONE POINT ADVICE

ボールホルダーの近くに寄ってボールをもらおうとするだけでなく、広いスペースを活用するように意識してください。指導者にそう言われるからやるのではなく、自分たちで意識しながら、自然な動きとしてできるようになるのがベストです。

ポゼッションゲームとポジションゲーム
ポゼッションゲームとポジションゲーム

次に、同じフィールドを使ってポジションゲームを行います。5対5にフリーマン2人を入れるのは同じですが、攻撃側のうち4人は長い辺の上に2人ずつ立ち、動けるのはその辺の上だけです。それぞれがCB、OMFの役割を果たし、フィールド内の選手はCMF、フリーマン2人はSBの役割を担います。このポジションを守りながらポゼッションする練習です。

ONE POINT ADVICE

広いスペースを意識しながら行う、ポゼッションゲームの発展形です。自分のポジションを意識しながら動き、ボールを回してください。ただし、守備側のチームにボールを奪われた時はCB、OMF の4人もフィールド内に入れます。素早く意識を切り替えて、ボールホルダーにプレッシャーをかけてください。

Lesson4フリーマンのプレーエリアを限定した7対7のゲーム

フリーマンのプレーエリアを限定した7対7のゲーム
フリーマンのプレーエリアを限定した7対7のゲーム

最後は、フリーマン2人を入れてフィールドプレーヤー7人対7人のゲームを行います。フルコートの3/4ぐらいの大きさのコートを作り、両サイドに幅5~8mのエリアを作ります。たとえば自分たちのチームが4-3-3でプレーしているとすれば、このゲームではそれに近い形、3-3-1でプレーしてみてください。両サイドのエリアに1人ずつフリーマンを入れます。彼らは両チームのウイングの選手としてプレーします。

フリーマンのプレーエリアを限定した7対7のゲーム
フリーマンのプレーエリアを限定した7対7のゲーム

他の選手は両サイドのエリアに入ってもいいですが、フリーマンがプレーできるのはサイドの限定されたエリアだけです。数的優位になるのでパスを回しやすくなると思いますし、ピッチの幅を意識してほしいので、サイドのフリーマンをうまく活用しながらプレーしてください。

ONE POINT ADVICE

慣れてきたら、フリーマンの代わりに両チームのウイングの選手をサイドエリアに入れ、9対9のゲームにもトライしてみてください。その場合、ウイングの選手にはパスを受けた時に前に行くのか、下げたほうがいいのかといった駆け引きも生まれ、より実際の試合に近い形になります。

ジョゼップ・フェーレ・イバルス
監修 イバン・ピニョル・ソロア Ivan Pinol Zoroa
1982年2月12日生まれ、スペイン、カタルーニャ州出身。FCバルセロナアカデミーでバルセロナのメソッドを学び、エジプトのFCバルセロナスクールやサミュエル・エトーが運営するサッカースクールでアフリカサッカーのレベルアップに貢献。育成年代指導のスペシャリストとして活躍している。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る