TRAININGトレーニング フィジカル

TRAINING9 足をクロスさせ、下の足を上げる動き

無断転載禁止 TRAINING9 足をクロスさせ、下の足を上げる動き

正しく、速く走るための股関節周りの強化

股関節周りを強化し、可動領域を広げることで、一歩が変わるはず。基礎トレーニングと侮るなかれ!すべてのプレーに通じている!

足をクロスさせ、下の足を上げる動き

片足15回×2セット

股関節周辺の内転筋を強化するトレーニング。足をクロスさせ、下にある足を真っ直ぐに伸ばし、足の根本から上げ下げする。膝から下だけを動かすのではなく、少ししか動かなくても足の付け根から動かすことを意識すること。また、足首が曲がることなく、地面に平行して上がっていくようにしよう。
足をクロスさせ、下の足を上げる動き
足をクロスさせ、下の足を上げる動き
写真のように片足をクロスさせ、下になっている足を上に動かしていく。膝下だけを動かすのではなく、あくまで足の根本から動かすことを意識する。また、動かすほうの足は下に引っ張られるような感覚を持ち、足首も常に地面と平行になるようにしよう。
杉本龍勇
杉本龍勇 Tatsuo Sugimoto
1970年11月25日、静岡県生まれ。法政大学経済学部教授。 現役時代は日本短距離界を代表するランナーの一人で、1992年バルセロナ五輪では4×100mリレーで6位入賞を果たした。ドイツ留学を経て、現役を引退後は母校の法政大学で教鞭をとる傍ら、清水エスパルスや湘南ベルマーレ、大分トリニータといったプロサッカーチームのアドバイザーを歴任。日本代表の岡崎慎司の専属コーチをはじめ、多数のスポーツ選手のアドバイザーを務めている。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る