TRAININGトレーニング テクニック

欧州式U-18スキルアップメソッド
素早い切り替えの感覚を養うトレーニング

無断転載禁止 欧州式U-18スキルアップメソッド<br>素早い切り替えの感覚を養うトレーニング
取材・構成/池田敏明
FCバルセロナのアカデミーやアフリカ諸国での指導経験が豊富なイバン氏が、スキルアップに効果的なトレーニングをレクチャー!

素早い攻守の切り替えはサッカーに不可欠な要素

前回はボールの受け方や運び方、どうや ってスペースに動くのか、といったベーシ ックな部分のトレーニングを教えました。今回は攻撃と守備に分かれ、攻守の切り替えの要素を取り入れたトレーニングをしていきます。前回と今回の2回でサッカーに必要な要素の多くが含まれていると思います。私が指導するチームの選手には、技術を磨いてボールの受け方やパスの質を高めてほしいですし、パスコースを作る動きを身に着け、ポゼッションを高めたスタイルでプレーしてほしいと考えています。

Lesson1ワンツーからのロングパス

ワンツーからのロングパス
ワンツーからのロングパス

5m×10mのグリッドを作って四隅にマーカ ーを置き、それを縦に2つ並べます。短い辺のそれぞれ中央に1人ずつ選手が立ちます。説明の便宜上、❶、❷、❸と番号をつけましょう。❶がボールを持った状態でスタートさせ、❶と❷でワンツーのパスをします。

ワンツーからのロングパス
ワンツーからのロングパス

❷はリターンパスを戻した後、左右どちらかのマーカーに向かって走ります。その瞬間、❸の選手は❷の選手と逆方向のマーカーに向かって走ります。❶の選手は❸の選手に向かってロングパスを通してください。ここまでが1セットで、次は❸と❷がワンツー、❶がロングパスを受ける役になり、交互に行っていってください。

ワンツーからのロングパス
ワンツーからのロングパス

ウォーミングアップの要素を入れるのであれば、の後ろにボールを持った選手を 3 ~4名、並べておきます。同じ動きをした後、❸の選手は中央のマーカーのあたりまでダッシュでドリブルしてください。❶の選手は❷の位置へ、❷の選手は❸の位置へと1つずつずれ、同じ動きを繰り返していきます。

ONE POINT ADVICE

❸の選手はボールの受け方はもちろんですが、体の向きもしっかり意識してください。走る時に背中を向けてしまうのではなく、ボールを視野の中に確保してください。❷の選手も、走る時は再びリターンを受けられるよう体の向きに気をつけてください。もう一つ、動き出しのタイミングも大切です。DFがいると想定し、相手を引きつけてスペースを作ることをイメージしながら動いてください。緩慢な動きをしたり、動き出しが早すぎたりといったことがないよう、それぞれがタイミングを合わせながら走り、パスを出し、受けてください。

Lesson2切り替えの要素を入れたロンド

切り替えの要素を入れたロンド
切り替えの要素を入れたロンド

前回は4対1のロンドを紹介しましたが、今回は4対2の形です。6~8m四方のグリッドを作り、3つのペアを作ります。攻撃側の2組のペアは、向かい合う辺の上に立ってください。動けるのはそれぞれの辺の上だけです。

切り替えの要素を入れたロンド
切り替えの要素を入れたロンド

ロンドを行い、守備側の選手がボールを取ったら、取られた選手とそのパートナーが2人とも守備に入って、すぐにロンドを続けます。取られた当人だけが守備に回るのではなく、必ずペアで入れ替わるようにしてください。

切り替えの要素を入れたロンド
切り替えの要素を入れたロンド

慣れてきたら、発展形としてグリッドを2つ繋げてのロンドを行います。攻撃側がもう2組入り、一方のグリッド内で3本以上パスを回したら隣のグリ ッドに展開できる、といったルールで行ってください。隣のグリッドにボールが展開されたら、もちろん守備側は追いかけます。ルールは一緒で、取られたらペアで入れ替わってください。

ONE POINT ADVICE

ボール回しの要素だけではなく、ポジショニングの変化や攻守の切り替えがコンセプトの一つとして加わります。変化に対応するスピードを意識しながらトレーニングしてください。発展形の更なる進化版として、各グリッドにフリーマンを1人ずつ入れ、フリーマンにパスを通せたら隣のグリッドに展開できる、というルールも試してみてください。守備側の2人は、フリーマンにパスを通させないことを意識しなければなりません。

Lesson32対1から2対3への切り替え

2対1から2対3への切り替え
2対1から2対3への切り替え

40m四方程度のフィ ールドを作り、攻撃側2人、守備側1人のフ ィールドプレーヤーが入ります。GKも入れてください。守備側には、ハーフウェーラインの両脇に2人の待機選手がいます。この状態で、まずは2対1をスタートさせます。

2対1から2対3への切り替え
2対1から2対3への切り替え

守備側がボールを取ったり、攻撃側がシュートで完結させてGKからのリスタートになったりして攻守が切り替わった時には両サイドで待機している守備側の選手が入り、2 対 3 をスタートさせます。GKからのプレーを素早くリスタートできるよう、ボールは常に複数個、準備しておいてください。チームの人数に応じて、3人対2人プラス待機選手2人など、人数を増やしても構いません。

ONE POINT ADVICE

攻撃している時にどこまで守備を考えているか、というのがこのトレーニングの大きな要素となります。攻撃側の2人が上がりすぎると、ボールを取られた時にカウンター一発で決められてしまいます。ボールを持っていない選手が、常に前にポジションを取っていればいいわけではなく、状況によっては後方のサポートも必要になる。そういった判断も必要になります。

Lesson4切り替えゾーンを使った7対7のゲーム

切り替えゾーンを使った7対7のゲーム
切り替えゾーンを使った7対7のゲーム

最後に、切り替えゾーンを設定した7対7のゲームを行います。50m×75~80mのコートを用意し、中央に幅15m程度の「切り替えゾーン」を設定します。攻撃側は守備エリアに3人、好撃エリアに4人が入り、守備側は攻撃エリア、守備エリアに3人ずつ、切り替えゾーンにリンクマンとして1人が入ります。この状態で、攻撃エリアから4対3をスタートさせます。

切り替えゾーンを使った7対7のゲーム
切り替えゾーンを使った7対7のゲーム

守備側がボールを奪ったり、GKがボールを取ったりしたら、切り替えゾーンの選手が下りてきてボールをもらい、ドリブルやパスで攻撃に転じて反対側のエリアで4対3に入ります。攻撃側は攻撃エリアにいる4人のうち1人が切り替えゾーンに下りてきてリンクマンとなり、次に攻守が切り替わる瞬間に備えます。

ONE POINT ADVICE

攻守が切り替わった際、リンクマンへのパスを急ぐ必要はありません。パスコースがなくてスペースがあればドリブルしてからパスを出してもいいですし、コースがあればすぐにパスしてもいい。状況に応じて判断してください。

ジョゼップ・フェーレ・イバルス
監修 イバン・ピニョル・ソロア Ivan Pinol Zoroa
1982年2月12日生まれ、スペイン、カタルーニャ州出身。FCバルセロナアカデミーでバルセロナのメソッドを学び、エジプトのFCバルセロナスクールやサミュエル・エトーが運営するサッカースクールでアフリカサッカーのレベルアップに貢献。育成年代指導のスペシャリストとして活躍している。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る