TRAININGトレーニング テクニック

GK TECHNICAL
シュートを弾いた後のセカンドアクション

無断転載禁止 GK TECHNICAL<br>シュートを弾いた後のセカンドアクション
監修・文/井上敬太 、写真/藤井隆弘

シュートを弾いた後のセカンドアクション

シュートを弾いた後のセカンドアクションをテーマにした練習を紹介する。

シュートストップ時におけるダイビング後のセカンドアクションをテーマに、キャッチングミスや弾いた後の対応を素早く行う練習を紹介する。
前提として守備の理想は、GKのコーチングにより周囲と連携してシュートを打たせないことで、仮にシュートされても適切なポジショニングにより1回で、しかも正面でキャッチすることにある。それにより相手の攻撃を終わらせ、自チームの攻撃に移行できる。

しかし、優秀なGKでもミスやキャッチングできないシュートはある。そのとき、GKは誰よりも速くセカンドボールに反応しなくてはならない。ただし、セカンドアクションに特化したGK練習後、全体練習に合流する際に気を付けなければならないのは、セカンドアクションが目的化してしまうこと。1回でキャッチングすることへの意識が薄れ、キャ ッチング可能なシュートをも簡単に弾いてしまえば本末転倒。
「キャッチングまたは弾く」─この判断を同時に鍛えてもらいたい。弾いたときは、相手の2次攻撃を受けない場所、もしくは味方へ弾くことが大切で、セカンドアクションはあくまでキャッチングできなかったときの手段である。

LESSON1セカンドアクションのフォーム作り

セカンドアクションのフォーム作り

GKが両手で弾ける範囲にボールを投げる。また、セカンドアクション用に2つ目のボールを配置。
GKは踏み込み、2次攻撃を受けない場所へ両手で弾く。
弾くと同時に上半身は手のひらを地面に向け、腕を使って着地。身体の側面を地面につけきらず、下半身はプレー方向とは逆足が一歩目になるよう前方へ。
セービング。

LESSON2シュートストップ練習にセカンドボール対応を加える

シュートストップ練習にセカンドボール対応を加える

シュートストップにセカンドボールの対応をさらに加えた練習を行う。まず、のシュートをストップ。この際、は試合中と同様にどこにシュートしてもOK(セカンドアクションを生み出しやすいシュートを意図的に蹴るといい)。GKはまず正しいセービングを行うが、ゴール中央、もしくは写真のようにGKから見て右方向に弾いた場合のみ、のシュートに対応。セカンドアクション用のゴールは写真のカラーコーンのようにエリアを限定。GKはのシュートに素早く反応し、LESSON1で鍛えたアクションで対応する。

NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る