TRAININGトレーニング フィジカル

正しい腕立てふせで効果倍増「腕立てふせステップ」

無断転載禁止 正しい腕立てふせで効果倍増「腕立てふせステップ」

正しい腕立てふせで効果倍増

当たり前のように行っている腕立てふせだが、間違ってはいないだろうか?基本中の基本だからこそ、正しいやり方をマスターして、使える筋肉を作ろう。

腕立てふせステップ

5往復×2セット

上下動だけでなく、横の動きを取り入れながら体幹を保持していく。片手を台の上に乗せ、腕立てを行い、横へ体重移動して逆の手を台に乗せて腕立てふせする。普通の腕立ては上下動だけだが、これは横への動きも伴う。実際のプレーではさまざまな動きの中で上半身を使わなければならない。このメニューではそれを意識することができる。

腕立てふせステップ
腕立てふせステップ
ブロックや板などの台の上に片手(写真は左手)を置き、その場で腕立てふせを行う。肘を上げたら、体勢を保持しながら横に体重移動し、今度は先ほど、地面についていた片手(写真は右手)を台の上に置き、腕立てふせ。そして、また横に体重移動して逆の手を台の上に乗せて腕立てふせ。この動きを繰り返す。横に体重移動する際も体幹は維持する。
杉本龍勇
杉本龍勇 Tatsuo Sugimoto
1970年11月25日、静岡県生まれ。法政大学経済学部教授。 現役時代は日本短距離界を代表するランナーの一人で、1992年バルセロナ五輪では4×100mリレーで6位入賞を果たした。ドイツ留学を経て、現役を引退後は母校の法政大学で教鞭をとる傍ら、清水エスパルスや湘南ベルマーレ、大分トリニータといったプロサッカーチームのアドバイザーを歴任。日本代表の岡崎慎司の専属コーチをはじめ、多数のスポーツ選手のアドバイザーを務めている。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る