TRAININGトレーニング テクニック

U-18スキルアップメソッド
「3人目の動き」を身につけるトレーニング

無断転載禁止 U-18スキルアップメソッド<br>「3人目の動き」を身につけるトレーニング
取材・構成/池田敏明
FCバルセロナのアカデミーやアフリカ諸国での指導経験が豊富なイバン氏が、スキルアップに効果的なトレーニングをレクチャー!

パスを繋ぐには3人目の動きが何よりも大切

今回のテーマは「3人目の動き」です。ポゼッションサッカーは、パスの出し手と受け手だけで成立するものではありません。 2人がパス交換をしている間に、他の選手が次のパスを受けられるスペースに、パスを受けやすいタイミングで動き出す必要があります。これが「3人目の動き」です。パスの出し手と受け手以外の全員が「3人目の動き」を意識しながらプレーすれば、パスが繋がるようになります。今回のトレーニングで、動き出すタイミングやスペースをつかむ感覚を養ってください。
シ凡例

Lesson1ターンを取り入れたパスのドリル

ターンを取り入れたパスのドリル
ターンを取り入れたパスのドリル

10 ~15m間隔で4人を一直線に並べ、便宜上、❶、❷、❸、❺と番号を振ります。❷と❸の中間に、4人の直線と垂直に交わるように❹と❻が立ちます。直線からの距離はそれぞれ7.5~10mとします。❶の選手がボールを持ち、パス回しをスタートさせます。

ターンを取り入れたパスのドリル
ターンを取り入れたパスのドリル

❷はリターンパスを戻した後、左右どちらかのマーカーに向かって走ります。その瞬間、❸の選手は❷の選手と逆方向のマーカーに向かって走ります。❶の選手は❸の選手に向かってロングパスを通してください。ここまでが1セットで、次は❸と❷がワンツー、❶がロングパスを受ける役になり、交互に行っていってください。

ONE POINT ADVICE

ターンする選手は、棒立ちでボールを受けるのではなく、 DFのマークを外してパスを受け、ターンするイメージで動いてください。それ以外の選手は、パスを出しやすい位置にトラップすることを心掛けましょう。発展版として、❶から❷にパスをした後、再び❶に落とし、❸にロングパスを入れるバージョンもやってみてください。その場合、❷はDFを背負ってのポストプレーを想定してください。実際にDF役を入れても構いません。ロングパスを受ける選手は、左右に動いてパスコースを作ってあげてください。

Lesson23人目の動きを取り入れた「Yのドリル」

3人目の動きを取り入れた「Yのドリル」
3人目の動きを取り入れた「Yのドリル」

4人がYの字を作るように並びます。それぞれの間隔は10~15m程度で、❸と❹の距離は20m程度取ります。また、❷の後ろにDF役を入れます。あくまでDF役なので、積極的にボールを取りに行く必要はなく、軽くプレッシャーをかける程度にします。

3人目の動きを取り入れた「Yのドリル」
3人目の動きを取り入れた「Yのドリル」

❶から❷にパスを入れ、❷はワンタッチで❶に落としてすぐに反転します。❶は❸にロングパスを通し、❸は受けたボールを❷に返します。その後は❸、❹が❶の方向に攻撃を仕掛けるので、❷はどちらかに効果的なパスを出してください。

ONE POINT ADVICE

アンカーからゲームを組み立てるイメージでトレーニングしてください。❶がアンカー役、❷がトップ下役で、❸と❹はFW役です。本来は❸が❷に落とした後、図の右方向に走るべきですが、コンパクトなスペースで練習できるよう、逆向きに攻めるようにします。❸から❷に落とした後は、❷、❸、❹で自由に攻めてください。

Lesson33人目の動きを使った3対3対3

3人目の動きを使った3対3対3
3人目の動きを使った3対3対3

20~30m四方のフィールドを作り、その中に攻撃側3人、守備側3人のプレーヤーが入ります。一つの辺の上に幅5mのスペースを作り、そのスペース内に攻撃側の選手が2人向かい、合う辺の上に1人が立ち、この選手がボールを持ったところからスタートし、幅5mのスペースにいる選手までパスを繋ぐことが目的です。

3人目の動きを使った3対3対3
3人目の動きを使った3対3対3

フィールド内にボールを入れて3対3を行います。最初にパスを出した選手はフリーマンの役割を担ってください。タイミングを見計らって上の2人の選手のうち、どちらか1人がフィールド内に入って4対3の状況を作ります。そして、その選手を必ず経由してスペースで待つ選手にパスを繋いでください。

ONE POINT ADVICE

このトレーニングも、アンカーから中盤を経由してトップの選手にボールを繋ぐイメージで行います。中央のフィールドでパス回しをする3人は、上のフィールドから下りてくる選手をどのタイミングで使うか、考えながらボールを繋いでください。守備側の選手がボールを奪ったら、フリーマン役の選手にボールを戻し、攻守交代してプレーを続けてください。4分間を3セット程度、行うのがいいでしょう。

Lesson4ビルドアップをイメージした4対4対4

ビルドアップをイメージした4対4対4
ビルドアップをイメージした4対4対4

15~20m×8~10mのフィールドを2つ作り、幅3~5mのフィールドで繋ぎます。広いフィールドに攻撃側4人、狭いフィールドに守備側4人が入り、攻撃側の1人がボールを持った状態でスタートします。中央の狭いスペースを経由して逆側の広いスペースまでボールを繋ぐことが目的です。

ビルドアップをイメージした4対4対4
ビルドアップをイメージした4対4対4

スタートしたら、守備側4人のうち2人が広いフ ィールドに入り、 4対2の状況を作ります。タイミングを見計らって逆サイドの攻撃側の選手のうち1人が中央のフィールドに下りてパスを受け、素早く逆サイドに繋ぎます。次は中央に残っていた守備側2人が逆サイドに、広いフィールドの2人が中央に素早く戻り、逆サイドで4対2を行います。5分間を4セット程度行います。

ONE POINT ADVICE

最終ラインでのパス回しから攻撃を組み立て、中盤を経由して前線の選手にボールを運ぶイメージで行ってください。守備側でボールを追う2人は狭いスペースに追い込むイメージでプレスをかけ、中央で待つ2人は縦へのボールを入れないようにポジションを取ってください。それに対し、攻撃側は広くスペースがあるほうにボールを繋ぎ、下りてきてボールを受ける選手も、狭いエリアで受けようとするのではなく、スペースがあるところでボールを受けられるようにタイミングを計ってください。

ジョゼップ・フェーレ・イバルス
監修 イバン・ピニョル・ソロア Ivan Pinol Zoroa
1982年2月12日生まれ、スペイン、カタルーニャ州出身。FCバルセロナアカデミーでバルセロナのメソッドを学び、エジプトのFCバルセロナスクールやサミュエル・エトーが運営するサッカースクールでアフリカサッカーのレベルアップに貢献。育成年代指導のスペシャリストとして活躍している。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る