TRAININGトレーニング テクニック

U-18スキルアップメソッド
一対一で仕掛ける能力を養うトレーニング

無断転載禁止 U-18スキルアップメソッド<br>一対一で仕掛ける能力を養うトレーニング
取材・構成/池田敏明
FCバルセロナのアカデミーやアフリカ諸国での指導経験が豊富なイバン氏が、スキルアップに効果的なトレーニングをレクチャー!

ドリブルでかわせばアドバンテージを作れる!

ヨハン・クライフいわく、一対一で相手を抜く能力は非常に大切です。なぜなら相手の守備網を突破する最も簡単な方法だからです。1人かわせば相手は10 人になるし、もう1人抜けば9人になる。アドバンテージを簡単に作ることができるのです。
しかし、現在の欧州ではドリブルの得意な選手が現れなくなっています。リオネル・メッシやネイマールも南米の選手ですよね。そのためFCバルセロナのアカデミ ーでは、サイドでボールを持ったら積極的に仕掛けなさい、と指導し始めています。
凡例

Lesson1逆を取る技術を養う一対一

逆を取る技術を養う一対一
逆を取る技術を養う一対一

15m四方のグリッドを作り、向かい合う2つの辺に攻撃側、守備側と分かれて3人程度ずつ並びます。グリッドの中央にボールを置いた状態でスタートします。

攻撃、守備1人ずつが入り、ボ ールを挟んで向かい合います。攻撃側はボディーフェイントで相手のバランスを崩し、機を見てドリブルを仕掛け、両サイドの辺まで運びます。守備側は攻撃側がボールに触るまで、チェックに行くことはできません。フェイントに引 っかからないよう注意しながら、ボールを触った瞬間にチャージに行けるよう集中してください。

ONE POINT ADVICE

攻撃側はボールだけを見て何となく中央に入り、何となくフェイントするのではなく、緩急を生かしたモーションで相手の重心をずらし、大きくずれたところで逆を突くよう心掛けてください。発展版として、サイドの辺ではなく、守備側が立つサイドの角をゴールに設定すれば難易度が上がります。

Lesson2切り替えの要素を取り入れた一対一

切り替えの要素を取り入れた一対一
切り替えの要素を取り入れた一対一

15m四方のグリッドを作り、幅3mぐらいの小さなゴールを隣り合う2つの辺に置きます。ゴールのない2つの辺に選手がそれぞれボールを持って並び、グリッド中央にはDFが1人入ります。

攻撃側の1人がドリブルでグリッド内に入り、一対一を仕掛けます。2つあるゴールのうち、どちらかにシュートを決めることが第一の目的です。シュートを放つか、DFがブロックまたはクリアしたら、DFはすぐ外に出て、別の列に並んでいた選手がドリブルで入ります。攻撃側の選手は素早く攻守を切り替えてDFになり、一対一を続けてください。

ONE POINT ADVICE

この練習で非常に大切な要素は、スペースを見つける、ということです。ドリブルで入る時にDFの立ち位置やスペ ースを見なければならず、相手の動きに応じてスペースをもう一度、確認し、別のゴールに切り替えるなど、スペースを見つけてそこを目指す判断力が必要になります。もう一つ、相手をかわした後にボ ールをさらしてしまわないよう、しっかり体を使ってプロテクトしてください。

Lesson34つのグリッドを使った3つの一対一

4つのグリッドを使った3つの一対一
4つのグリッドを使った3つの一対一

4つのグリットを作り、そのうち3つに攻撃側、守備側のペアが1組ずつ入ります。空いているグリッドに移動することはできますが、ペアが離れたり、入れ替わったりはできません。また、各グリッドには1組ずつしか入れず、斜めの移動はできません。攻撃側の1人がボールを持った状態でスタートします。

一対一でDFをかわし、ドリブルで空いているグリッドにボールを運べば1ポイントです。これが最大の目的ですが、実際の試合ではパスの選択肢もあるので、パスを10本繋いだら1ポイント、というオプションもつけてください。

ONE POINT ADVICE

ドリブルをしながらスペースを見つける要素はLesson2と同じですが、このトレーニングでは複数の味方と相手がいて、攻め込むべきスペースがどんどん動いていくので、より速い判断力が求められます。スペースが見えていないとボールが足元に入 ってドリブルを仕掛けることができず、ボールキープからのパスという消極的なプレーになってしまいます。ドリブルで前に運べるようなファーストタッチを心掛けてください。ボ ールを持っていない攻撃側の選手も、うまくスペースが作れるよう絶えず頭と体を動かしてください。

Lesson4ゴールと切り替えの要素を入れた一対一

ゴールと切り替えの要素を入れた一対一
ゴールと切り替えの要素を入れた一対一

35m ~40m四方のミニコートを作り、攻撃側はハーフウェーライン上に1人、自陣側に1人が入ります。守備側は自陣、相手陣内に1人ずつ入ってください。攻撃側から見ての相手陣内、両サイドにフリーマンが1人ずつ入り、1個ずつボールを持った状態でスタートします。

攻撃側はボディーフェイントでマ ークを外しながら、どちらかのフリーマンからパスを受け、ドリブルでシュートまで持っていってください。その後の展開は2つあります。

シュートを決めた場合 :フリーマンからもう一つのボールをもらって逆の陣地に攻め、2人対1人の状況からゴールを目指します。

シュートが決まらなかった場合:守備側の選手がもう一つのボールをもらって素早く攻撃に転じ、2人対2人の状況でゴールを目指します。守備側がボールを奪った場合は、同じボールで2人対2人を続けて構いません。

ONE POINT ADVICE

最初の一対一の場面では、守備側の選手がチャレンジに行かずにズルズル下がってしまい、GKが2人、みたいな状況になってしまいがちです。そうなった場合はゴールラインに平行なラインをゴール前に引き、そのラインより前でチャレンジさせるようにしてください。また、一対一の場面でスペ—スが広すぎて間延びする場合は、フリーマンが立つエリアを進入禁止にして強度を高めるようにしてください。

Lesson52タッチ&フリータッチの2つのゲーム

最後はハーフコートで2種類のゲームを行います。人数は5人対5人プラス両チームのGK、フィールドはフリータッチでボールを触れるエリアと、ツータッチ以内に限定されるエリアに分かれます。攻撃側の選手がフリータッチエリアに入れるのは同時に2人までで、守備側は攻撃側と同じ人数が入れます。最初のゲームは、ペナルティーエリアより外側の両サイドエリアはフリータッチのエリア、それ以外はツータッチ以内、というルールで行ってください。もう一つのゲームは、自陣がツータッチ以内、敵陣がフリータッチ、というルールで行ってください。
2タッチ&フリータッチの2つのゲーム
2タッチ&フリータッチの2つのゲーム

サイドエリアはフリータッチ。入れるのは1チームにつき同時に2人まで

2タッチ&フリータッチの2つのゲーム
2タッチ&フリータッチの2つのゲーム

自陣は2タッチ以内。相手陣内はフリータッチなので、ドリブルでの勝負を意識しよう

ONE POINT ADVICE

フリータッチのエリアでは自由にボールを扱えるため、必然的にそのエリアからドリブルで攻める形が多くなると思います。ツータッチエリアではテンポよくボールを回し、なるべく早くフリータッチエリアに運ぶことを心掛けてください。指導者側は、いい形でボールを持ったらパスを選ぶのではなく、一対一の状況ができたら積極的に仕掛けるよう促してあげてください。ドリブルで相手をかわしてからシュートを打たないとゴールを認めない、というルールを設けてもいいかもしれません。

ジョゼップ・フェーレ・イバルス
監修 イバン・ピニョル・ソロア Ivan Pinol Zoroa
1982年2月12日生まれ、スペイン、カタルーニャ州出身。FCバルセロナアカデミーでバルセロナのメソッドを学び、エジプトのFCバルセロナスクールやサミュエル・エトーが運営するサッカースクールでアフリカサッカーのレベルアップに貢献。育成年代指導のスペシャリストとして活躍している。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る