TRAININGトレーニング テクニック

"最強の市船"を作り出すトレーニングの秘密に迫る!ロングボール対策のトレーニング

無断転載禁止
取材・文・写真/池田敏明

“最強”の市船を作り出す
トレーニングの秘密に迫る!

朝岡隆蔵監督
今夏のインターハイで圧倒的な勝負強さを見せつけ、9回目の優勝を飾った市立船橋高校。朝岡監督自らが普段、行っているトレーニングを解説し、その強さの一端を教えてくれた。

朝岡隆蔵監督

1976年6月21日、千葉県生まれ。市立船橋高校サッカー部在籍時の1994年度に同校の全国高等学校サッカー選手権大会初優勝に貢献。08年にコーチとして市船に帰還し、11年4月からは監督として“市船イズム”を伝承している

試合を想定したトレーニングを徹底

ジュニアやジュニアユースの年代は個人戦術や対相手のトレーニングでいいと思うんですが、ユース年代になるとある程度チーム戦術、ゲーム戦術を鍛える必要があります。そこで、「試合中のどの場面を切り取るか」というところから考えて、「攻撃から守備」と「守備から攻撃」の2つに分けてトレーニングします。本当は11人対11人でやるのが理想なんですが、それだとこちらでコントロールするのが難しい。だから6人対6人ぐらいからスタートさせて、配球とボールを奪う場所と相手側の動きを徹底させれば、トレーニングが十分、成立するんですよね。選手にとっても、そのほうがストレスを感じることなくプレーできると思います。

ロングボール対策のトレーニング

凡例
凡例

LESSON 1

>LESSON 1-I
LESSON 1-I
[I]次は守備のトレーニングです。ロングボールを蹴り込んでくる相手に対してどのように守るか、という練習ですね。守備側は3バックにダブルボランチ、両ウイングバックの合計7枚。3バックのラインは高めに設定してください。相手側はダブルボランチ、両サイドハーフ、2トップの6枚に、4バックを入れて合計10人です。相手側のDFにボールを入れたところからスタートします。
LESSON 1-B
LESSON 1-B
[J]ボールを受けた選手は2タッチ目でロングボールを入れます。3バックのうち誰かが相手FWと空中戦で競り合い、ダブルボランチはセカンドボールを回収してクリアするか、相手側のCBに戻すことを狙ってください。相手側のダブルボランチはセカンドボールを狙って相手のボランチと競り合い、他の選手はフォローに回ります。
LESSON 1-C
LESSON 1-C
[K]セカンドボールの競り合いで相手側のボランチがボールを奪った場合は、サイドバックの攻撃参加が可能になります。その場合はボールをサイドに展開してクロスを上げさせ、フィニッシュまで持っていくようにしてください。
ONE POINT ADVICE
3バックは、ズルズルとラインを下げてしまうと絶対に競り負けてしまうので、しっかりラインコントロールしてください。フィードに対して勇気を持って対応し、GKは背後をカバーする。その意識を徹底してください。また、相手側のサイドバックが攻め上がってきた時は、ボランチとウイングバックの間で責任を明確にし、しっかりチェイスするようにしてください。

LESSON 2

>LESSON 2-D
LESSON 2-D
[L]次は同じ状況で、守備側はオフェンシブハーフを3枚入れて、10人対10人でやります。同じように相手側のDFにボールを入れたところからスタートします。
LESSON 2-E
LESSON 2-E
[M]ボールが入った瞬間、オフェンシブハーフ3枚のうち1人が牽制しに行きます。そしてDFがボールを蹴った瞬間、オフェンシブハーフの残り2枚はプレスバックして相手のダブルボランチを消しに行ってください。守備側はセカンドボールを拾い、相手のセンターバックに戻すか、ハーフウェーラインを超えるか、パスを3本繋げばOKです。相手側のボランチがセカンドボールを拾った場合は、先ほどと同じようにサイドバックの攻撃参加が可能になります。
ONE POINT ADVICE
最初にボールがどこに出たら誰が行くかは、オフェンシブハーフ3枚の間であらかじめ決めておき、徹底させてください。残りの2枚はボランチへのプレスバック。何度も反復して、その連動性を体に覚え込ませてください。

LESSON 3

>LESSON 3-G
LESSON 3-G
[N]さらに発展させて、最後は相手側のサイドバックもあらかじめ中盤に入れます。センターバック2人のどちらかにボールを入れたところからスタートします。今回もオフェンシブハーフ3人のうち1人が牽制に入ります。
LESSON 3-H
LESSON 3-H
[O]これまでは2タッチ目の選択肢はロングボールのみでしたが、今回はロングボールでもいいですし、繋いでサイドに展開しても、ボランチに入れてもOKです。守備側のボランチは、ディフェンシブサードに相手が入って来た時に、オフェンシブハーフと連動して奪いに行けるように準備をしてください。
ONE POINT ADVICE
センターバックの牽制に行かない2人のオフェンシブハーフは、相手のサイドバックとボランチの両方をケアできるポジショニングを心掛けてください。どちらか一方に比重をかけすぎると、逆方向にボールが入った時に対応できなくなってしまいます。両方をうまく牽制できるようにしましょう。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る