TRAININGトレーニング テクニック

U-18スキルアップメソッド
判断力とコミュニケーションを養うトレーニング

無断転載禁止 U-18スキルアップメソッド<br>判断力とコミュニケーションを養うトレーニング
取材・構成/池田敏明
元ブラジル代表コーチで、NIKE ACADEMYで練習メニュー開発を担当するオリベイラ氏が日本のユース年代のためのトレーニングをレクチャー!

現代のトレンドは速く、強いサッカー

近年のサッカーは速く、強いスタイルが主流となっており、それに向けてスピードにフォーカスさせたトレーニングをしなければなりません。NIKE ACADEMYでもその部分を重要視しています。
一方で、自信を持つことも大切です。素早く判断する中で自分らしさも発揮し、うまく情報処理をしながらプレーすることも心がけてください。そして一番大切なこと、それは楽しみながらプレーすることです。サッカーが楽しくて仕方がなかった子供の頃の気持ちを、絶対に忘れないでください。
凡例
オリベイラ氏が日本のユース年代のためのトレーニングをレクチャー

Lesson1攻守の切り替えを取り入れたロンド

攻守の切り替えを取り入れたロンド
攻守の切り替えを取り入れたロンド

8~10m四方のグリッドを2つ並べ、4人一組のチームを2つ作ります。片方のグリッドにオフェンス側のチーム全員とディフェンス側チームの2人、もう片方にディフェンスチームの残り2人が入り、4対2、フリータッチのロンドをスタートさせます。

攻守の切り替えを取り入れたロンド
攻守の切り替えを取り入れたロンド

ディフェンス側のチームがボールを奪ったら、隣のグリッドにいる仲間に展開し、守備側チームの2人と攻撃側チームの4人のうち2人が隣のグリ ッドに素早く移動して攻守交代で4対2を行います。ボールが外に出てしまったら、周囲で見ている監督やコーチなどが素早く次のボールを入れてあげてください。これを3分程度続けます。

ONE POINT ADVICE

パスを回しているチームのボールホルダー以外の3人は、両サイドと相手2人の間、3つのパスコースを作ってあげられるよう心がけてください。ロンドに参加していない2人はただ見ているだけではなく、しっかりコーチングしてあげましょう。

発展系

攻守の切り替えを取り入れたロンド
攻守の切り替えを取り入れたロンド

隣のグリッドに入る2人は途中で入れ替わってもいい、というルールも試してみましょう。ロンドの中にいる選手よりも自分のほうがボールに近いと判断したら、積極的に入れ替わってボールを奪いに行ってください。

ONE POINT ADVICE

守備側は同時に3人がグリッド内に入ることはできないので、お互いにコミュニケーションを取りながら入れ替わってください。5人対5人、6人対6人など、チームの人数やレベルに応じて変えても構いません。その際に守備側を3人にすると難易度が上がります。

Lesson2数的優位を活用する3対2のゲーム

数的優位を活用する3対2のゲーム
数的優位を活用する3対2のゲーム

25m×30m程度のコートを作り、通常の大きさのゴールを設置します。5人程度+GKのチームを2つ作り、3対2、フリータッチのゲームをします。3人が攻撃、2人が守備で、3人のチームはオフサイドあり。攻撃側のGKがボールを入れるところからスタートします。

ゴールが決まったら、攻撃側は3人がそのまま残って続行、守備側は2人とも交代します。守備側がボールを奪ったら、攻撃側は1人が外れ、守備側は1人が入って素早く攻守交代してください。3分程度続けます。

ONE POINT ADVICE

攻撃側は数的優位を利用しつつ、ボールを持った選手は積極的にゴールに向かう姿勢を見せてください。外で待っている選手はただ見ているだけではなく、しっかりコーチングしてあげてください。そして、実際の試合を想定し、スコアを常に頭に入れながらプレーしてください。

Lesson32種類のゴールを使った4対4のゲーム

2種類のゴールを使った4対4のゲーム
2種類のゴールを使った4対4のゲーム

縦 25 ~30m、横 20 ~25m程度のコートを作り、一方には通常の大きさのゴール、もう一方には小さなゴールを2つ設置します。通常のゴールにはGKを入れ、その両脇にフリーマンを入れます。両サイドにも1人ずつフリーマンを入れ、4人対4人のゲームを行います。大きいゴールに攻めるチームはオフサイドありのルールです。

フリーマンはワンタッチでボールを戻すようにしてください。両チームとも、普通にゴールを決めたら1点、フリーマンからのリターンパスをダイレクトでゴールに入れたら3点、というルールで行います。3分程度で区切り、プレーした2チームとフリーマン組でローテーションさせてください。

ONE POINT ADVICE

大きいゴールの両脇にいるフリーマンは、プレーの選択肢を増やして瞬間的な判断を養うためのオプションです。そのままゴールを狙うのか、フリ ーマンとのワンツーを使ったほうがいいのか、素早く判断しながらプレーしてください。

発展系

2種類のゴールを使った4対4のゲーム
2種類のゴールを使った4対4のゲーム

3バック+1トップの陣形でプレーするパターンも試してみてください。小さいゴールに攻めるチームは、両サイドのフリーマンをうまく使うよう、そこへのパスコースを作る動きを心掛けてください。

ONE POINT ADVICE

陣形を決めることで、攻めている側のチームは相手の裏を取りにくくなるはずです。フリーマンをうまく使いながら裏を取れるよう、考えながらプレーすることを心がけてください。

エドゥワルド・オリベイラ
監修 エドゥワルド・オリベイラ Eduardo Oliveira
ウエストフロリダ大学で運動科学や体育教育学を学んだ後、同大学の男女サッカ ーチームのアシスタントコーチ、ブラジル代表のアシスタントコーチ兼フィットネスコーチ、ボタフォゴのアカデミーコーチなどを歴任。現在はロンドンのNIKE ACADEMYで世界のサッカーのトレンド分析や練習メニュー開発を担当している。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る