TRAININGトレーニング テクニック

欧州式U-18スキルアップメソッド
ベーシックトレーニング

無断転載禁止 欧州式U-18スキルアップメソッド<br />ベーシックトレーニング
取材/編集部 構成/池田敏明
FCバルセロナのキャンプやスクールでテクニカルディレクターを務めたココ氏がスキルアップに効果的なトレーニングをレクチャー!

大切なのは技術の使いどころ
実際の試合を想定したトレーニングを

私が教えているのは、試合の一つひとつの局面をどのように打開すればいいのか、という方法論です。もちろん、その中でどのようにボールをマネージングしていくのかを考えるのも大事です。サッカーはボールがあり、味方と相手がいて成り立つスポーツですが、時間やスペースなどもしっかりコントロールしなければなりません。そういったものもサッカーというスポーツの一部分なのです。

卓越した技術を持っている選手には何度も会ってますが、その技術をどこで、どのように使うかを知らない選手がものすごく多い。いくらパスがうまくても、出すタイミングが早すぎても遅すぎてもダメですし、スペースに走り込むタイミングの判断なども重要です。技術の“使いどころ”をしっかり自分のなかで理解し、管理して実践しないと、サッカーはうまくなりません。できるだけ試合に近いシチュエーションで練習をし、プレーヤーにいろいろな経験をしてもらい、その中で起こる問題をうまく回避していく。そうすることによって、試合中に起こる様々な状況を自分たちで打開できるようになっていきます。

スキル練習やフィジカルトレーニング、戦術練習と分けるのではなく、基本的には一つのトレーニングにすべてをミックスさせなければなりません。試合ではすべてが必要になるからです。最初からいきなりすべてを混ぜるのは難しいと思うので、各分野から少しずつを取り入れた小規模な練習から始め、徐々に大きくしていって実際の試合に近づけていくという方法がいいと思います。理解度を深めるために、最初は3人対 3 人から始めて 4 対 4、5 対 5 と少しずつ発展させていきます。プレーヤーはいろいろな状況を経験し、その中で判断を下してもらいます。

ここでは、我々の理念に基づくトレーニング方法をいくつか紹介していきます。ぜひ、実際の試合に役立ててください。

Lesson1大きな展開を取り入れたロンド

凡例
まずはロンド(鳥かご)の練習を紹介します。コーンやマーカーなどで8~10m四方のグリッドを2つ作り、片方の4辺に1人ずつ、もう一方の一番遠い辺に5人目が立ちます。DFは4人が立つグリッド内に1人、もう一方のグリッド内に1人が入り、その状態でスタートさせます。外側の5人は、ライン上しか動くことはできません。
大きな展開を取り入れたロンド
大きな展開を取り入れたロンド
大きな展開を取り入れたロンド
大きな展開を取り入れたロンド

4対1のパス回しをスタートさせます。オフェンスの選手4人はそれぞれの辺の上しか動けませんが、タッチ数はフリーです。ただし、必要最小限を心掛けてください。ボールを回している間に、隣のグリッドにいるDF がタイミングを見計らって入ってきて、4対2の状況を作ります。あくまで攻撃側の練習なので、DF は積極的にボールを奪おうとしなくて構いません。追い込むだけで十分です。

大きな展開を取り入れたロンド
大きな展開を取り入れたロンド

4対2になったら、その時にボールを持っている選手は隣のグリッドにいる味方にロングパスを通します。そのタイミングで、中央の辺にいる選手は体を反転させ、上下の辺にいる選手は隣のグリッドまでダッシュします。これはボールホルダーをフォローする動きであり、そうすれば4対0の状況を作ることができます。その後、DF が1人戻って再び4対1の状況を作り、同じことを繰り返します。

ONE POINT ADVICE

これはただ狭いエリアでボールを回すための練習ではなく、相手を引き付けてから広いエリアに展開し、素早くフォローに入るという動きを覚えるための練習です。ポゼッションのためこれはただ狭いエリアでボールを回すための練習ではなく、相手を引き付けてから広いエリアに展開し、素早くフォローに入るという動きを覚えるための練習です。ポゼッションのためとDF との距離がどのぐらいになれば危険かという判断、そしてDFから最も遠い選手にパスを出すという判断が大事です。ライン上しか動けない味方に展開するので、パスの距離感も重要になります。
DF側は、2人の距離感を意識してください。2人で離れすぎず、しっかりパスコースを消してボールを追い込むようにしてください。それから、ボールホルダーの体の向きや動きから、相手がどこにパスを出そうとしているか、それに対して自分がどのように動けばいいかも判断してください。

Lesson2動きの“質”が求められるパスゲーム

動きの“質”が求められるパスゲーム
動きの“質”が求められるパスゲーム

次に紹介するのもボールキープのトレーニングです。40m四方の大きいボックスを作り、その中に5m四方のボックスを5個作って、7人対7人のパスゲームを行います。慣れてきたら8人対8人、9人対9人と人数を増やしても構いません。

動きの“質”が求められるパスゲーム
動きの“質”が求められるパスゲーム

目的は小さなボックスの中でパスを受けること。パスの受け手は、ボックス内に立ち止まってボールを待っているのではなく、出し手がパスを出すのと同じタイミングで動き出してボックス内に入り、ボールを受けてください。5カ所のボックス内で1回ずつボールを受けたほうが勝ち、10ポイント先取などのルールで行ってください。

ONE POINT ADVICE

このパスゲームの狙いは、ピッチの“幅”と“深さ”を使うこと。簡単に言うと、ピッチを全体的に使うことです。みんなが一カ所に固まるのではなく、広がってパスを回すんですが、最初の練習と同様、相手が迫ってきたら広いエリアに展開するという動きを心掛けてください。出し手と受け手の呼吸が合わないとポイントが稼げないので、動きの“質”が重要になります。

Lesson3パス&ムーブを意識するパスゲーム

パス&ムーブを意識するパスゲーム
パス&ムーブを意識するパスゲーム

このメニューは8人対8人のパスゲームです。40m四方のグリッドを作り、四隅と各辺の中央、合計8カ所にコーンを置きます。グリッドの中に4人ずつ、コーンの間に1人ずつ入った状態でスタートします。

パス&ムーブを意識するパスゲーム
パス&ムーブを意識するパスゲーム

中で4対4のパスゲームを行います。タッチ数はフリーで、必要最小限でボールを回すようにしてください。外側の選手にボールが渡れば1ポイントになります。

パス&ムーブを意識するパスゲーム
パス&ムーブを意識するパスゲーム

パスの出し手は、すぐに受け手と交代します。ボールを受けた外側の選手は中に入るのですが、ドリブルで入ってもいいですし、フリーの味方にパスを出してもいいです。10ポイント先制などのルールで行ってください。

ONE POINT ADVICE

この練習では、パス&ムーブの動きを意識してください。パスを出した後、自分が入らなければならないスペースへと素早く走り込む動きが重要です。

ジョゼップ・フェーレ・イバルス
監修 ジョゼップ・フェーレ・イバルス Josep Ferre Ybarz
1983年11月26日生まれ。世界各国で開催されたFCバルセロナのキャンプやオフィシャルサッカースクールでテクニカルディレクターを務め、2011年からはバルセロナ・サッカー・アカデミーの戦術部門の責任者を務めた。UEFAプロライセンスを所有している。愛称は「ココ」 。
NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る