TRAININGトレーニング テクニック

U-18スキルアップメソッド
フィニッシャーを育成するトレーニング〈後編〉

無断転載禁止 U-18スキルアップメソッド<br>フィニッシャーを育成するトレーニング〈後編〉
取材・構成/編集部
世界で通用する選手を育成するために、日々進化するfootballに合わせてトレーニングメニューを開発している「NIKE ACADEMY」。その世界基準のメソッドをテーマに合わせて紹介。

いつ、どのようにボールを受け、いかに素早くフィニッシュするか

前回に引き続き、ゴールを陥れる“フィニ ッシャー”に特化したNIKEACADEMYのトレーニングメソッドを紹介していきます。 JFA(日本サッカー協会)にもメソッドを提供している同アカデミーでは独自に練られた「T.I.P.S.(テクニック、インテリジェンス、ポジショニング、ストレングス)」の要素を用いて、メニューを創り上げています。今回のトレーニングでは、そのTIPSを用いて、バイタルエリア付近のスペースのないエリアで、”いつ、どのようにボールを受け、いかに素早くフィニッシュまで持っていけるか”の動作を養います。ただ動き回るのではなく、「相手を動かす」一歩を身に着ける必要があります。クロスに対してもロングボールに対しても、DFのマークを外すオフ・ザ・ボールの原理は変わりません。し っかりと理解し、身に着けていきましょう。
凡例

Lesson1スペースを作るオフ・ザ・ボールの動き

ONE POINT ADVICE

ただ動き回るのではなく、相手を動かす一歩を見つけ、DFの逆を取ることを心掛けましょう。極論を言うと自分はほとんど動かずに相手を動かすことが理想です。パターンA Cの動きの違いはパスをどこで受けるかの違いであり、相手を動かし逆を取る原理は同じです。またパサーが出す場所やタイミングを間違わないように、声やジェスチャーでアクションを起こし、しっかりと前を向いてボールを受けるように心掛けましょう。続いて「発展版」としてゴールとGKを置き、1vs1でシュートでフィニッシュまで持っていくトレーニングも行います。

Lesson2タイミングに合わせDFラインを突破してシュート

ONE POINT ADVICE

[パターンA]でのギャップへのパスは強めに、[パターンB]のスルーパスはゆるめに意識してください。Cはコントロールタッチをする時、軸足を軽く浮かせて(一瞬両足が宙に浮くイメージ)受けることを心掛けてください。これはシュートまでの足の運びの無駄をなくすためで、軸足がベタ足の状態でタッチすることに比べ、素早くシュートフォームへ入ることを可能にします。意識的に練習を繰り返し、身に着けるようにしましょう。

NIKE

CONTENTS新着記事一覧 Readmore

最新コンテンツをもっと見る

NEWS最新ニュース Readmore

最新ニュースをもっと見る